資格試験@合格への道

資格試験@合格への道
資格試験に挑戦し、新しい人生の扉を開くお手伝いブログです。効率良く、資格試験を突破するための情報をお届けします。
資格試験合格には、やはりコツがあります。短期間で資格試験を攻略するための情報を提供します。

医療事務

医療事務の専門学校・短大0

調べると、医療事務の専門学校や短大がとても多いのをご存知ですか?
専門学校や短大は、高校卒業後の進路だから、若い人ばかりじゃないの?と思われるかも知れません。
しかし、最近では資格をとって転職しようとする社会人の姿も多くみられるのですよ。
そのために、学校によっては、夜間コースなどを設けているところもあります。
若い人に混じって勉強すれば、気持ちも若々しくなれそうですが、ちょっと気が引ける方には、夜間コースなどは学校選びの選択肢の一つに入りそうですね。
働きながら、専門学校を目指す方は、行きたい学校に夜間コースがあるのかどうか調べておきましょう。

専門学校などの一番のメリットはその就職率の高さでしょう。
1年から3年間、みっちり勉強できるので、取得する資格は一つばかりではありません。
頑張り次第で、医療事務以外のパソコン技能検定・秘書技能検定・日商簿記などさまざまな資格がとれますから、就職に大変有利なのが分かりますね。
さらに、医療現場での実習授業を取り入れられていますので、卒業後にどの医療事務の職種に就きたいかを考えることができます。

もちろん、このような専門学校や短大を出たからといって、すぐに即戦力になるわけではありません。
資格がなくても、長年勤めている先輩方には、到底及ばないといった方がほとんどでしょう。
ただし、学校在学中に学んだ知識に、無駄な事は一つもありません。
先輩から逆に質問されるくらいになるように、たくさんの資格にチャレンジしてみてはいかがでしょう?


医療事務の通信講座0

医療事務の仕事に資格はいらないとは言えど、いざ就職して働き始めると、覚えなくてはいけないことの多さに閉口してしまいます。
とはいえ、専門知識は毎日カルテを入力したりしていれば、自然と頭に入ってくるものですが、やればやるほど、もっと覚えたいなどと思うようになるのではないでしょうか?

このように、資格がなくて働き始めた人には、自主的に医療事務の資格を目指し始める人が多いようです。
しかし、仕事をしていては、学校に通うのはなかなか難しいですよね。
そんな時は、通信講座を利用しましょう。
通信講座は、自分の好きな時間に勉強が出来るのが最大のメリットです。
また、通学講座のように開始日が決められていないので、好きな時に始めることができますね。

しかし、医療事務の仕事をしながらだと、なかなか勉強をする時間がとれないかもしれませんね。
期限内に講座を修了できないと、今までの努力はどうなるの?と不安になる方もいらっしゃるでしょう。
そのような方のために、通信講座では、講座の有効期限や延長可能期間というのを設けているようです。
何年もかけてダラダラと勉強しても、やる気が失せてしまうだけですから、延長期間を考慮したスケジュールを立てるといいでしょう。

また、通信講座は資格の選択肢も豊富です。
働いてみて取りたい資格が分かったのに、教室は遠くていけない方にも、ふさわしい勉強法ですね。

通信講座には独りで頑張れる強い意志が必要です。
多くの講座では、無料でテキストなどの無料サンプルがもらえるようです。
まずは、これらを取り寄せて、ここなら頑張れるという講座を見つけてくださいね。

実務経験があれば、割とすんなり内容を理解できますから、勉強も仕事も面白くなるでしょう。


医療事務の自立支援教育訓練給付金0

現代の社会において、母子家庭・父子家庭の数は増加している一方だそうです。
慰謝料や養育費、母子手当てなどで生活できれば一番望ましいのですが、現実は子供を育てていかなくてはいけないためにも、働かなくてはいけないのが現状のようです。
いざ、職をさがそうにも、なかなか条件に合わなかったり、給与面での不満がある方が多いのではないでしょうか?

手に職をつけられれば、もう少し良い条件の仕事がありそうなのに・・・と思ったことはありませんか?
各自治体では、このような母子家庭の支援のために、自立支援教育訓練給付金という制度を設けています。

自立支援教育訓練給付制度とは、母子家庭の母親がスキルアップをして、就職に有利になるように、各自治体が受講費の支援をしてくれる制度です。
医療事務の講座においても、この制度を取り入れているところがほとんどです。

条件としては、下記のようになっています。
 ● 児童扶養手当支給水準の母子世帯であること
 ● 雇用保険の教育訓練給付の受給資格を有していない者
 ● 当該教育訓練を受けることが適職に就くために必要であると認められる者
 ● 過去にこの制度を利用したことがない者

給付を受けるには、期限内に申請しないといけませんし、給付してもらえる金額は各自治体によって違いますので、御自分が住んでいる自治体に確認してくださいね。

さらには、自治体によっては、母子家庭の母親を対象にした医療事務講座を開いているところもあります。
御自分で、医療事務の教室や講座を探しても良いですが、このように自治体が開催するものに参加をすれば、同じ境遇の方達とも励ましあいながら勉強が出来るというメリットがありますね。


医療事務の通学講座0

なるべく短期間で医療事務の資格をとりたいと思っていらっしゃる方には通学講座をお勧めします。
通学講座の最大のメリットは、しっかり教えてくれる先生がいるということでしょう。
さらに、カリキュラムもしっかり作られていますので、ポイントを押さえた勉強ができます。
また、受講する時間帯は昼間だけではなく、休日や夜間など、自分が通える時間帯を選ぶことができるのが魅力の一つでもあります。

どのような通学講座があるのかは、広告や雑誌、インターネットなどさまざまな場面で目にすることができます。
新聞の中の広告やCMなどでも、目にした事があるのではないでしょうか?
せっかく、選択できる立場にあるのですから、目にした所に決めてしまうのではなく、まずは資料を請求してみましょう。

資料を見ると、よく分かりますが、それぞれがいろいろなサービスを提供しています。
分からないところは、ビデオで繰り返し学習できる講座・電話やFAXで質問に答えてくれる講座・シミュレーション授業をしてくれる講座・・・
いくつかの資料をとりよせて、比較してみましょう。

もしも、無料体験や見学ができるようなら、実際に足を運んでみるのも良いでしょう。
実際に目でみてみると、想像と違っていたなんてことも分かるかもしれませんよね。

医療事務の資格は、数が多いことでも有名です。
自分の行きたい通学講座ではどのような資格がとれるのかも、しっかり調べておきたいですね。

通学講座は、医療事務をやりたいという同じ目標を持った人たちが集まりますから、一緒に励ましあって勉強できます。
独りじゃないと思ったら、頑張れそうな気がするのではないでしょうか。


医療事務として採用されるには0

ハローワークや就職雑誌など、医療事務の募集はさまざまな形で目にすることがあります。
近所に新しくクリニックが出来ると、募集は必ず入るでしょうし、診察に行くと張り紙がしてある事だってありますね。

医療事務の仕事は、資格がなくても働けますが、現状は資格を持っている方のほうが就職には有利です。
しかし、どんなにたくさん資格を持っていても、現場で即戦力になれる方は滅多にいないでしょう。
それは、病院によって医療事務のやり方が全く違うということもありますし、今までと違う診療科に行けば皆さん一から覚えなおしということが多いのです。
ですから、資格がなくても資格があっても、スタートラインは同じと言っても良いのではないでしょうか。

働きたい病院が見つかったら、面接をしてもらえるかどうかを、まずは病院に確認しましょう。
病院の仕事は、連携プレーで動いていると言っても過言ではありません。
コミュニケーション上手な人を望んでいるところが多いので、面接ではそういう点をアピールすると良いでしょう。
また、医療事務に大変興味を持っていること、自分の今までの経験をどのように医療の世界に生かしていきたいと思っているかなどもアピールしておくといいですね。

断られてしまっても、そこの病院では自分のできることと相手が求めているものとが違っただけのことです。
いろいろ探せば、あなたを必要と思ってくれる病院に必ず出会えるはずです。
前向きに考えて、次の面接がうまくいくように、就職活動の間にもスキルアップしてはいかがでしょうか?


医療事務について0

これから就職しようとしている人、いつか転職しようとしている人・・・
「手に職があれば、こんなに悩まないのに」と思ったことはありませんか?
いまや、資格がないと就職先を見つけるのは至難の業のようです。

女性、特に主婦の方達に人気がある資格取得講座は、趣味をいかせるものや将来 役立ちそうなものが目立ちます。
たとえば、ネイリスト・アロマテラピー・ホームヘルパー・・・たくさんの講座がありますね。

その中でも常に人気の高いのが医療事務です。
それは決して「資格が簡単にとれるから」では、ありません。
むしろ、専門用語なども覚えなくてはいけないので、勉強は必要です。

では、なぜ医療事務は人気があるのでしょう?
一般の会社は、朝から夕方までの勤務がほとんどですね。
しかし、みなさんご存知の通り 病院の診察時間というのは、午前と午後にわかれているところがほとんどだと思います。
医療事務という仕事のメリットは、自分の生活スタイルに合わせて勤務体制を選べるという点があります。
たとえ、午前と午後の勤務であっても、空き時間に家に帰り、主婦としての仕事をこなすことができますね。
また、少しでも専門知識があると家族が病気になった時に、ちょっとしたアドバイスなどもできるのではないでしょうか。

世間では、景気の影響によっては、先行きが不安になったりすることもあるでしょう。
しかし、私達の生活において、医療業界はなくてはならないものですよね。
安定した仕事という点でも、とても安心できる仕事でしょう。


医療事務の仕事0

医療事務と聞いて、どのような仕事を思い浮かべますか?
受付で患者さんのカルテを出したり、お会計をするだけだと思われがちですが、そうではありません。

もちろん、これらの仕事は医療事務としての基本業務になります。
通常、総合病院のような大きな病院だと、これらも全て役割が分担されているようです。
他にはレセプト業務や医療秘書も重要な医療事務の仕事です。

「受付と会計は分かるけど、レセプト業務と医療秘書は何?」という方のために少し説明しましょう。

私達は、病院にかかると、診察代や治療代を病院に支払いますね。
しかし、病院の収入源はこれだけではありません。
なぜなら、私達が支払う金額は治療代の全額ではないからです。
私達は、必ず 何らかの保険組合に加入していますね。
治療を受けて私達が支払う金額は、実際にかかった金額の3割(老人・乳児を除く)を負担すれば良いわけです。
ですから、残りの7割分を保険組合に支払ってもらわなければいけません。
この請求業務をする仕事をレセプト業務といいます。

では、医療秘書とはどのような仕事でしょう?
医療秘書は、医師や看護師のサポートをする仕事です。
医師や看護師は、現場で患者さんの診察業務をするばかりではありません。
常に進歩しつづける医療の新しい知識を身につけなくてはいけませんから、学会に参加したり会議を開いたりと多忙を極めます。
そのようなスケジュール管理、会議の準備などを行う仕事です。

これだけを聞くと、とても大変そうで尻込みしてしまいそうですよね。
即戦力という点では資格を持っているほうが有利のようですが、資格がなくても働けるのですよ。

一番大事なのは、やる気があるか、誠実に仕事ができるかどうかです。


電子カルテ0

小学校でもパソコンの授業があるくらい、私達の生活にコンピューターはなくてはならないものになりましたね。
医療業界においても、治療はもちろん、医療事務の仕事にもコンピューターは欠かせないものになってきました。

現在のレセプトはレセプト作成ソフトを導入することにより、カルテに書かれた内容をコンピューターに打ち込むだけで、作成が出来るようになりました。
ですから、月末のレセプト作成は、打ち込んだ内容を出力するだけでよくなり、随分 楽になったといいます。

さらに、最近では電子カルテというものが登場しました。
電子カルテを導入すると、今まで、医師が書き込んでいた紙のカルテが消えて、全てはパソコンに入力することになります。
確かに、紙のカルテはかさばりますし、たくさんの患者さんのカルテの管理にはどこの病院も頭を悩ませていることでしょう。
電子カルテになれば、コンピューターが全て管理してくれるのですから、このような悩みも解消されるといえます。

さらに医師が直接、入力をすることによって、受付で医療事務が診療内容を打ち込む必要がなくなるわけです。
そうなれば、医療事務の負担もかなりなくなりますね。
専門的な知識がなくても、問題がないような感じがしますが、しかし とても便利な電子カルテですが、診察中に医師がパソコンの画面ばかり見ていては
患者さんは気分の良いものではありませんよね?
やはり医師には、診察行為に重点をおいてもらいたいものです。
現在、大きな病院では、この作業を医療事務が代行して行っているところがあるそうです。

これからの医療事務は受付ではなく、医師の傍らで仕事をするようになるのかもしれませんね。


医療事務の就職0

医療事務の仕事がしたいと言っても、どこで働くのか、何がしたいのかによって、その内容も随分変わってきます。
大きな病院では、患者数が多いために、仕事をこなすスピード力は身につきますので、その分野ではプロになれるでしょう。
また、診療所では、規模が小さいほど、ありとあらゆる仕事をこなさなくてはいけませんから、オールマイティな能力が身につくはずです。

医療事務の仕事は、細やかな気配りや対応を求められるので、女性が多く活躍している仕事です。
当然、女性ならではの人間関係の問題も多いのが現状です。
「独りでも気にならない」と一匹狼で仕事ができるような職種ではありません。
コミュニケーションがいかにとれるかは、自分の居心地の良さうんぬんではなく、医師や看護師、周りのスタッフが医療を円滑に進める上でもとても重要になってくるのです。

働きたい病院を決めるには、自分はどのようなタイプなのか?どのような医院で働きたいのか?希望する時間帯は?などを、考えておくことが大事です。
また、実際に働きたい病院が見つかったら、病院の情報を得てみてはいかがでしょう?
今は、病院もホームページなどを作っているところが多いですから、どのような雰囲気なのか、病院の目指している医療はどのようなスタイルなのかが分かって
参考になるかもしれませんね。

給与や応募資格なども気になるところです。
知りたいことは、病院へ電話をすれば、担当者が教えてくれますが、病院は始業時と終業時は混み合うところが多いので、電話をする時間帯も配慮が必要です。
電話での印象は後の面接に影響することもありますから、話し方や言葉遣いには十分 注意しましょう。

ただ単に、医療事務をしたいというだけで就職先を決めずに、よく考慮してから決めたほうが、やりがいもでてくるでしょう。


医療事務の資格はとったほうがいいのか?0

医療事務の仕事をしたいと考えている方がまず思うのは「医療事務の資格をとったほうがいいのか?」という事ではないでしょうか。
しかし、どれだけ探しても「医療事務」という資格をみつけることはできませんね。
どうしてでしょう?

実は、医療事務の資格には、さまざまな種類にわかれており、その資格の名称も千差万別です。
なぜなら、医療事務は国家試験ではなく民間が主催している試験だからなのです。
ですから、あなたが受けたいと思っている講座や学校によって、資格の名称、試験内容が違っています。

医療事務の資格をとりたいと思ったら、まずは自分がとりたい専門職の講座がなにかを考えましょう。
そして、数ある講座や教室の中から、自分に合うと思われるものを選ぶのが良いでしょう。
カリキュラムの課程を修了すると、その民間主催の「検定試験」を受けることができます。
こうして、念願の資格が手に入るわけです。

また、医療事務において唯一、厚生省が認定している試験があります。
これは「認定試験」と呼ばれるもので「診療報酬請求事務能力認定試験」です。

これは、検定試験と違い、全国一斉に年2回行われています。
もちろん、検定試験を受けていなくても受けられますが、難易度も高く専門知識も必要なため、まずは興味のある講座などで知識を得るなどしてステップアップしてから臨んだほうが良いでしょう。

資格を持っていれば、就職にも有利ですし、現場で抵抗なく業務に入れることでしょう。
しかし、医療事務は資格をとってからでないと、働けない仕事ではありません。
現場で知識を得ながら、勉強して資格をとっている方達もたくさんいます。
まずは、職場で自分が興味を持った、極めたいと思う内容をみつけるのもいいかもしれませんね。


《資料請求》





介護・福祉・医療の資格


資格学校の無料資料請求
ないものはない!
お買い物なら
★楽天★
【OS付で簡単】
パソコン買うなら中古パソコン
通信講座
パソコン売るなら?
書籍のご紹介


勉強の合間にホッとひと息、コーヒーブレイク・・・