資格試験@合格への道

資格試験@合格への道
資格試験に挑戦し、新しい人生の扉を開くお手伝いブログです。効率良く、資格試験を突破するための情報をお届けします。
資格試験合格には、やはりコツがあります。短期間で資格試験を攻略するための情報を提供します。

今、注目の資格

心理カウンセラー0

《心理カウンセラーとは》
いろんな悩みや問題をかかえた人のこころの味方となって、その人のこころをサポートします。問題を解決する人ではなくてその人の成長を促し、自分で解決できる人になるように関わります。カウンセラーは人のこころと関わるために「自分自身のこころを鍛えておく」必要があります。

21世紀は心の時代。
癒しの専門家であるカウンセラーの需要は高まる一方です。カウンセリングを学ぶことは、自分を知り、他人を知ること。生きていく上で大きな喜びと発見を与えてくれます。あなたもプロのカウンセラーになってみませんか?

悩んだときこそ心理学をベースとしたカウンセリング技術を学ぶチャンスです。


資料請求はこちら↓↓↓
日本プロカウンセリング協会


今、心の時代。心理カウンセラー ・・・。0

《心理カウンセラーとは》
いろんな悩みや問題をかかえた人のこころの味方となって、その人のこころをサポートします。問題を解決する人ではなくてその人の成長を促し、自分で解決できる人になるように関わります。カウンセラーは人のこころと関わるために「自分自身のこころを鍛えておく」必要があります。

21世紀は心の時代。
癒しの専門家であるカウンセラーの需要は高まる一方です。カウンセリングを学ぶことは、自分を知り、他人を知ること。生きていく上で大きな喜びと発見を与えてくれます。あなたもプロのカウンセラーになってみませんか?

悩んだときこそ心理学をベースとしたカウンセリング技術を学ぶチャンスです。


資料請求はこちら↓↓↓
日本プロカウンセリング協会


●不動産鑑定士の改革構想0

不動産鑑定士制度の改革構想

 国土交通省は不動産取引の活発化を図る目的で,

不動産鑑定士制度の抜本的な改革を現在検討しています。

この改革は,いままでの不動産鑑定士の登録に必要な最低年数4年を

半分の2年にすること,資格取得者の増加を促すことを目的としています。


 読者の皆さんにとっては,試験制度がどのようになるのかが一番関心のあるところと思いますが,

今まで3次試験まで3回試験に合格しなければならなかったのが,

1回で済むことを現在構想しているそうです。

また、国土交通省は,簡易な資産評価も鑑定士の業務とすることで,

不動産鑑定士の業務拡大を期待しているようです。


これらの改革により鑑定士資格取得を目指す人が増え、

有資格者も増えてくれば、鑑定士が一般市民に身近になるとともに、

鑑定士の活躍するフィールドもさらに広がっていくかもしれません。

「非常識合格法」で福祉住環境コーディネーター0

クレアールの「非常識合格法」で福祉住環境コーディネーターをとろう


住環境資格は、ダブル・トリプル取得が効果的!

今日の住環境を取り巻く諸問題は多面的な傾向があり、日々変化する時代に対する消費者のニーズも様々で、かつ高度な要求が生じています。

特に少子高齢化の進むわが国では、ユニバーサルデザインの考えに基づき「だれもが暮らしやすい住環境の提案」ができる人材の育成が急務となっています。

住環境を取り巻く様々な資格試験においても、複数の資格を取得し、相乗効果的に実務に活かすという傾向がますます増えてきています。

資料請求はこちらから
↓↓↓
クレアールハウジングアカデミー

科学的・合理的・経済的にインテリアコーディネーター・カラーコーディネーター・福祉住環境コーディネーター試験の合格が目指せます!詳しい資料を無料で急送します。


カラーコーディネーター 資格取得のための資料請求0

【カラーコーディネート講座】のご案内

【生涯学習のユーキャン】カラーコーディネート講座



カラーコーディネートって何?


カラーコーディネートの専門知識は幅広く活かせます

・ 今の仕事のステップアップ
カラーコーディネートは様々な場面で活用できます。色彩の知識があれば、現在の仕事をパワーアップできます。

・ プライベート
カラーコーディネートの知識は普段の暮らしの中でも幅広く活かせます。色遣い・配色であなたのファッションや生活空間が飛躍的にセンスアップします。

・ 独立開業
多くの企業と契約し、カラーデザインや社員研修を手がけるなど、第一線で活躍する人も増えています。実力次第で高収入も期待できます。


将来性が魅力!

ニーズが高まる注目の職業色彩への関心が高まるなかで、色の専門知識や配色テクニックが要求される分野はますます広がっています。企業戦略や企業イメージ、各種イベントでカラーコーディネーターの活躍が強く求められています。


ファッション・アパレル・化粧品
デザインや素材とともにカラーが命の業界なので、色の専門知識は必要不可欠です。

ホテル・レストラン・飲食店
ロビーやイベント会場の雰囲気づくり、テーブルコーディネートなどはいずれも大切な要素なので、カラーの知識があれば有利になります。



建築・インテリア
快適な住空間を作るうえでも色は大切な要素です。顧客の心をつかみ信頼を得るためにカラーコーディネートの知識は力強い武器になります。

デパート・流通業界
売上に直結する商品ディスプレイやお客様の個別の要望に応える際にも、無視できないのがカラーセンスです。


より詳しくカラーコーディネートの仕事を紹介
資料請求はこちら
↓↓↓
【生涯学習のユーキャン】カラーコーディネート講座




●「福祉環境コーディネーター」 高齢化社会に伴いますます人気の資格0


【福祉住環境コーディネーターって何?】

もし、あなたが突然交通事故で、車いす生活となったら、自宅で満足な生活ができますか? トイレは一人で行けますか? 一人で病院に行けますか? たぶん、答えは「No」だと思います。このような場合、医療・建築・福祉・行政等のさまざまな専門家の助けが必要となりますが、これらの専門家の調整役となって、高齢者や障害者の住環境整備のお手伝いをするのが福祉住環境コーディネーターなのです。

人気の理由は、ずばり「高齢化」です。今後ますます増加する高齢者を幸せにしたいという思いが、この資格の根底にあります。新聞等でよく報道されているように、2005年をピークに日本の人口は減少に転じ、先進国の中で最速で超高齢社会に突入します。すなわち、これからの日本は「老いるとはどういうことか」「本当に高齢者にやさしい社会とは何なのか」という問題に、取り組まざるをえないのです。その第1歩が、住環境整備です。そして、この住環境整備に関する資格が福祉住環境コーディネーターなのです。

ハウスメーカーや工務店、設計事務所などで住宅改修の相談や実施の提案。従来、高齢者や身障者等のニーズはあまり大きくなかったので、これらに関する知識はあまり要求されませんでした。しかし、最近の建築物において、バリアフリーが標準になったことからもわかるように、この分野に関する知識は不可欠になっていきます。実際、この試験の受験を奨励しはじめた住宅メーカーもあります。いずれは、必須の試験になると予想されます。


【医療スタッフとの連携】

従来、医療機関内での治療にのみ関心が払われ、帰宅後のケアにはあまり関心が払われてきませんでした。しかし、今後は在宅でのケアも含めた、トータルでの医療活動が要求されるものと予想されます。今後、福祉住環境コーディネーター検定試験で得る知識は不可欠なものとして要求されることでしょう。


【幅広い活躍の場 福祉分野】

保健施設の利用相談や介護・福祉用具の相談。現在、福祉関係のお仕事に就いていらっしゃる方、特にケアマネジャーが、この福祉住環境コーディネーター試験で福祉以外の、医療・建築に関する知識を取得すれば、確実に業務を向上させることが可能です。 人的介護に関するプランづくりに比べ、住環境に関してアドバイスできる人材は不足しています。ですから、福祉関係に携わる方にとって、福祉住環境コーディネーター試験は住環境に関する知識を補う絶好の機会といえます。⇒福祉環境コーディネーター@合格への道

●「カラーコーディネーター」 新たな時代へのセンスが光を放つ資格0

インテリア・ファッション・グラフィックなどのデザイナー職の方々はもとより、販売・企画・事務などの一般的な職種の方まで、幅広く受け入れられている資格です。

年齢・性別・学歴などにも関係なく気軽に取り組め、日常生活にも取り入れられる色彩能力検定資格は、生涯教育としても注目を浴びています。

さらに色彩の知識や技能は、「衣食住」という日常生活を一層豊かなものにしてくれることでしょう。⇒カラーコーディネーター@合格への道

オンライン受験、24時間どこからでも⇒「インターネット実務検定試験」0

キャリアアップを図るビジネスマン、OL、就職試験に役立てたいと考えている学生の方向け「インターネット実務検定試験」。受験の仕方は簡単。サイト上で受験から合否結果まで全て完結。試験は初級の3級から広範囲な分野での指導、助言能力を検定できる1級まで分かれています。認定証の交付も行っています。試験は24時間いつでも受験可能、試験時間は60分です。

1.IT業界の標準資格
これまで、企業内で実際に必要とされるネットワークコンピューティングスキルを認定する資格試験は存在しませんでした。
 「インターネット実務検定試験」は、この実践的なインターネット知識の総括的な取得資格の標準として、様々な企業で活用されています。
2.24時間、どこからでも
オンライン受験なので、どこにいる受験者でも、24時間ネット上で受験が可能です。合否も「解答送信直後」ウェブ上に表示されます。
 「休日」を無駄にしません。
3.NPO法人が実施
インターネットという世界共通のコミュニケーションに関し、
公的な団体である「NPO法人=特定非営利活動法人」が
中立な立場で試験を実施しています。
メーカーなどにかたよらない知識を試すことができます。 お問合せはココ⇒インターネット実務検定協会


《資料請求》





介護・福祉・医療の資格


資格学校の無料資料請求
ないものはない!
お買い物なら
★楽天★
【OS付で簡単】
パソコン買うなら中古パソコン
通信講座
パソコン売るなら?
書籍のご紹介


勉強の合間にホッとひと息、コーヒーブレイク・・・