資格試験@合格への道

資格試験@合格への道
資格試験に挑戦し、新しい人生の扉を開くお手伝いブログです。効率良く、資格試験を突破するための情報をお届けします。
資格試験合格には、やはりコツがあります。短期間で資格試験を攻略するための情報を提供します。

医療事務の仕事0

医療事務と聞いて、どのような仕事を思い浮かべますか?
受付で患者さんのカルテを出したり、お会計をするだけだと思われがちですが、そうではありません。

もちろん、これらの仕事は医療事務としての基本業務になります。
通常、総合病院のような大きな病院だと、これらも全て役割が分担されているようです。
他にはレセプト業務や医療秘書も重要な医療事務の仕事です。

「受付と会計は分かるけど、レセプト業務と医療秘書は何?」という方のために少し説明しましょう。

私達は、病院にかかると、診察代や治療代を病院に支払いますね。
しかし、病院の収入源はこれだけではありません。
なぜなら、私達が支払う金額は治療代の全額ではないからです。
私達は、必ず 何らかの保険組合に加入していますね。
治療を受けて私達が支払う金額は、実際にかかった金額の3割(老人・乳児を除く)を負担すれば良いわけです。
ですから、残りの7割分を保険組合に支払ってもらわなければいけません。
この請求業務をする仕事をレセプト業務といいます。

では、医療秘書とはどのような仕事でしょう?
医療秘書は、医師や看護師のサポートをする仕事です。
医師や看護師は、現場で患者さんの診察業務をするばかりではありません。
常に進歩しつづける医療の新しい知識を身につけなくてはいけませんから、学会に参加したり会議を開いたりと多忙を極めます。
そのようなスケジュール管理、会議の準備などを行う仕事です。

これだけを聞くと、とても大変そうで尻込みしてしまいそうですよね。
即戦力という点では資格を持っているほうが有利のようですが、資格がなくても働けるのですよ。

一番大事なのは、やる気があるか、誠実に仕事ができるかどうかです。


トラックバックURL

《資料請求》





介護・福祉・医療の資格


資格学校の無料資料請求
ないものはない!
お買い物なら
★楽天★
【OS付で簡単】
パソコン買うなら中古パソコン
通信講座
パソコン売るなら?
書籍のご紹介


勉強の合間にホッとひと息、コーヒーブレイク・・・