資格試験@合格への道

資格試験@合格への道
資格試験に挑戦し、新しい人生の扉を開くお手伝いブログです。効率良く、資格試験を突破するための情報をお届けします。
資格試験合格には、やはりコツがあります。短期間で資格試験を攻略するための情報を提供します。

医療事務の資格はとったほうがいいのか?0

医療事務の仕事をしたいと考えている方がまず思うのは「医療事務の資格をとったほうがいいのか?」という事ではないでしょうか。
しかし、どれだけ探しても「医療事務」という資格をみつけることはできませんね。
どうしてでしょう?

実は、医療事務の資格には、さまざまな種類にわかれており、その資格の名称も千差万別です。
なぜなら、医療事務は国家試験ではなく民間が主催している試験だからなのです。
ですから、あなたが受けたいと思っている講座や学校によって、資格の名称、試験内容が違っています。

医療事務の資格をとりたいと思ったら、まずは自分がとりたい専門職の講座がなにかを考えましょう。
そして、数ある講座や教室の中から、自分に合うと思われるものを選ぶのが良いでしょう。
カリキュラムの課程を修了すると、その民間主催の「検定試験」を受けることができます。
こうして、念願の資格が手に入るわけです。

また、医療事務において唯一、厚生省が認定している試験があります。
これは「認定試験」と呼ばれるもので「診療報酬請求事務能力認定試験」です。

これは、検定試験と違い、全国一斉に年2回行われています。
もちろん、検定試験を受けていなくても受けられますが、難易度も高く専門知識も必要なため、まずは興味のある講座などで知識を得るなどしてステップアップしてから臨んだほうが良いでしょう。

資格を持っていれば、就職にも有利ですし、現場で抵抗なく業務に入れることでしょう。
しかし、医療事務は資格をとってからでないと、働けない仕事ではありません。
現場で知識を得ながら、勉強して資格をとっている方達もたくさんいます。
まずは、職場で自分が興味を持った、極めたいと思う内容をみつけるのもいいかもしれませんね。


トラックバックURL

《資料請求》





介護・福祉・医療の資格


資格学校の無料資料請求
ないものはない!
お買い物なら
★楽天★
【OS付で簡単】
パソコン買うなら中古パソコン
通信講座
パソコン売るなら?
書籍のご紹介


勉強の合間にホッとひと息、コーヒーブレイク・・・