資格試験@合格への道

資格試験@合格への道
資格試験に挑戦し、新しい人生の扉を開くお手伝いブログです。効率良く、資格試験を突破するための情報をお届けします。
資格試験合格には、やはりコツがあります。短期間で資格試験を攻略するための情報を提供します。

TOEIC TESTで450点を実力で取れる「英語力」0

■ 25,000人を超える会員実績を築いたTLTソフト
 TOEIC の基礎「英語コミュニケイション能力」を体系的、客観的に評価するためにアメリカのTOEIC協会で開発され、全世界で実施されている検定試験です。

 全国立大学卒業時の平均スコアは、推定ですが、450点くらいです。しかし、試験は解答A,B,C,D4択問題形式ですから、990点満点中全部Aにマルをつけても250点前後がとれます。 ですから450点と言っても本当に「わかっていて」つまり実力でとれた点数は300点くらいと推定できます。TOEIC Bridge は、実力で TOEIC TEST でスコア450点に満たない方に受検してもらうための、いわば TOEIC のジュニア版としての検定試験です。

■ 日本人にもっとも不足している「日常使う英語」の学習指標です。

 アメリカ人はもちろん、フィリピン人やシンガポールの子供たちが誰でも使える「基礎英語」を、日本人はいちばんニガテとしています。現地では日常、誰もが使う「基礎的な英会話」が日本人にとっては、明快に聞き取れません。 中学校で習い始めてから大学を出るまで「英会話」「英語を聞く」機会がないからでしょう。

 TOEIC Bridge で出題されるリスニングは全部で2000文例くらいです。これだけ徹底的にトレーニングすれば TOEIC Bridge のリスニングは満点です。 そして英会話力は、おもしろいほど向上します。

 また、文法・語法、そして「英文」も「日常使うもの」ばかりです。 これらをしっかり身につければ、英語圏での生活にほとんど不自由しません。

 日本人は大学入試の英語などとびきり難しい「英語」の勉強はしてきていますが、 TOEIC Bridge のように本当に日常のコミュニケーションに欠くことのできない「基本英語力」が極端に不足していると、いくら「難しい英語」を勉強しても「あたりまえ」のコミュニケーション能力が付きません。

 TOEIC Bridge は日本人にとっては、待望の「使える英語力」の指標です。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック
  TOEICで英文読解がイマイチ    もういちどキッチリと英語の勉強をしたい!   「英会話教室でネイティブの指導を受けている」   「大量に英語を読む通信教材で勉強している」   「TOEICなどの試験対策の講座に通っている」   「TOEICなどの試験...
2. http://blogjoho.moo.jp/cmetho/  [ 英会話学習方法 ]   2008年01月04日 09:23
驚異の英会話上達法とは?
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
《資料請求》





介護・福祉・医療の資格


資格学校の無料資料請求
ないものはない!
お買い物なら
★楽天★
【OS付で簡単】
パソコン買うなら中古パソコン
通信講座
パソコン売るなら?
書籍のご紹介


勉強の合間にホッとひと息、コーヒーブレイク・・・